オンラインゲームの中毒性について

最近人気のあるオンラインゲームですが、これは中毒性が非常に高いもので時に日常生活にまで支障を及ぼすことがあり問題になることもあります。
オンラインゲームというのは終わりがなく、提供している側がサービスを終了させない限り永遠と終わることがありません。
そのため、オンラインゲームは常に新しい仕掛けなどが更新され続け、やめる時というのは飽きてしまった時かあるいはサービスが終了した時のどちらかということになります。

オンラインゲームはこのように常に新しい状態を維持し続ける特徴があるので、非常に中毒性が高く途中で辞めるということが困難な状況になってしまう事があります。
これだけなら普通のゲームでも同じようなことになる可能性がありますが、オンラインゲームというのはネット上で他者との関わりがあるためそれらとの関係を維持するために自らの意思と無関係にゲームを続けなければならないと思い込んでしまうことがあり、そのままゲームを続けてしまうということがあります。
また、このようなゲームはプレイを有利にするための道具などが有料で販売されているのですが、一度それにお金を支払うときりがなく無尽蔵にお金がかかるという問題もあるのです。