サバイバル系ゲーム「DAYZ」

日本では狭義に、オンラインゲームにおいてゲームを優位に進めるため、制作者の意図しない動作をさせる不正行為を指す。チートを行うプレイヤーのことをチーター(cheater)と呼ぶ。様々な原因と運営側が言っている以上、自分達の問題も少なからずあるのかなと感じた。オンゲーに慣れると忘れがちになるけどPCと回線、そしてサーバーが相互動作して成り立っているという基本に立ち返る必要も有ると感じた。オンゲーって必ず必要動作環境と推奨環境動作っていうのが大体どのソフトにもある。必要動作環境は「どんなに処理が遅くても動作するギリギリのライン」推奨環境動作は「回線速度などのネットワークに依存してなければ余り処理が遅れることが無いライン」ってイメージ。

配信をお休みしてゲーム実況の準備(動作確認etc)をしたいと思う。「DAYZ」というサバイバル系オンラインPCゲームする。特定のオンラインゲームの動作を監視して、ゲームの進行状況等を確認しやすくするためのソフトウェアであり、当該ツールの利用者は、使用するコンピュータ上でこれを起動してオンラインゲームにアクセスする。オンラインゲームってとうらぶしかやった事ないからだけど、やっぱ動作とかグラフィックが重要なゲームだと、デスクトップじゃないとかな。もうmhf.exeは動作を停止しましたっていうの見飽きた。G7になってからまともに出来た記憶がない。次のオンラインゲーム探さないとダメだな。オンラインゲームのクライアントって不定期にサーバからファイルをダウンロードして更新するから、マルウェアのダウンローダと同じような動作をすることになるからそういう判定されちゃうかもな。