快適なネトゲ環境は回線も重要

大手メーカーPC系で特にノートだと設計の余裕度の関係上すぐ性能遅れや型遅れになる傾向ある。どうしてもやりたいネトゲがあるなら最低動作環境調べて買う奴が満たしてるか確認すべき。そもそもネット環境整ってないからネトゲできない。ネトゲは予習が必須のガチ環境だから怖い。ネトゲする環境時間の余裕が欲しいな。コミコで連載してるネト充のススメっていう漫画読んでたら切実にヒキニートになりたくなった。そしてネトゲしたくなってきた。大人になったらもっとネット環境揃えたいな。でもその為には働いてお金貯めなきゃだ。ネトゲ環境なら、次回の給料でパソコンのパーツ新調せねば。

テーブル広げてWIXOSS環境整えるべきか、ネトゲ環境にするか迷う。しばらくネットゲーム出来なくなった。回線が悪くなるというだけだから環境で言えば録音がちょっとしにくいタイミングがあるぐらいで今の環境よりはいい。やっぱりJanetterよく固まる。それも他のソフトが固まるのと同時に。やっぱパソコンのソフト環境悪いのかな。スペックは多分ネトゲやってても大丈夫なくらいのレベルなんだが。しかし今の新入社員はすぐ辞める率も高いしな。まあ、将来性を求めてるのは解る。特にPBW自体が次世代のネットゲーム環境に適応しつつ生き残っていかなければならんのだから。新しい世代の考え方は間違いなく必須になるだろうしな。携帯機とネトゲの大きな違いはプレイ環境にあるからな。ソロ、仲間や友人、見知らぬ人達。だんだんそのボーダーも薄くなりつつあるけど。人への気疲れを感じたら携帯機でソロプレイってのがいいかもな。通信環境と品質にもよるけど、ピーク時に数倍のスペックが必要になったりするからな。ネトゲで絶対落ちない鯖とか建てようとすると、月額が万単位になるんじゃないだろうか。