ラグの原因はパソコンなのか回線なのか

オンラインゲームがカクカクして重い状態

最近のオンラインゲームやPCゲームは、高ハイスペックを要求するタイトルが増えてきました。その分、ハイグラフィックで綺麗な映像や世界何を楽しめるのが特徴です。FF14やアーキエイジ・モンスタハンターフロンティアなどの3Dゲームはハイグラフィックで世界観がとてもリアルです。これらは重いゲームだと言われており、CPU性能やメモリの容量はもちろんGPUの性能が重要になってきます。オンラインゲームの公式サイトには「動作環境」「推奨動作環境」が記載されています。最低動作環境の場合は、このスペックならなんとか動作してくれるというあくまでも参考情報です。

大手メーカーなどの一体型やノートパソコンやスリム型パソコンを使用している環境だと、上記のハイグラフィックのゲームをプレイするのは難しいでしょう。まずは、現在使用しているCPU・GPU・メモリはどれくらいなのか?を調べてください。そして、オンラインゲームをするなら推奨動作環境のスペックに照らしあわせたMMORPG用BTOゲームPCを使ったほうが快適にプレイできると考えたほうがいいです。

重い状態を改善するポイント

BTOパソコンを使用していれば性能の足りないパーツを買い換えればいいですが、大手メーカー製のものだとそれが不可能なのでパソコン側の設定を変えて改善を試みます。

・モニターの解像度を小さくしたり、ゲームをウィンドウモードにする。
・ビデオカードやグラフィックカードの最新ドライバーに更新する。
・ゲーム以外のアプリケーションを停止させる。

これで少しは動作が軽くなりますが画質は下がります。これは、モニターの解像度に関してはプレイできれば画質にはこだわらないという人向けの方法です。アプリケーションの停止は全てではなくできるものだけでいいです。少しでもパソコンの負荷を減らせればいいです。ただ、これも一時的なものなのでゲーム側のアップデートなどでこの方法でも対応できなくなるということも覚えておいてください。

ゲームでラグが発生した時の対処法

人気のゲームになるとプレーヤー人口が増えるのと比例してサーバーに多大な負荷がかかります。よくあるのが、平日の昼間はラグが少ないが、夜または土日などになるといきなりゲームが重くなることでラグが発生します。これに関してはゲーム側の問題と言えます。また、使用しているパソコンのの処理能力や回線の不安定さなどもラグの原因でもあります。プロバイダーが悪いと回線が切れたり落ちたりなど不安定になることもあります。ハイスペックBTOゲーミングPCを使っていて、パソコンのスペックがは満たしているのにラグを感じたらプロバイダを変えるのもいいです。

回線を選ぶにあたって速度(スピード)より重要なのがpingの数値です。pingの数値が低ければそれだけ安定した優良回線ということになります。ping測定のサイトなどもあるので一度チェックしてみるのがおすすめです。平均的にpingは50ms以下であればゲームに支障はないと言われています。また、pingも回線速度と同じように時間帯などで変動する場合があるので気になった時にチェックして確認してみましょう。

回線に関しては無線LANを使用していたら有線に切り替えたり、思い切って光回線などに変えてみることもおすすめです。ゲームだけではなくゲームをしながら攻略サイトで調べものをしたい時などもスムーズになったりします。もう一つ定番なのがWindowsのファイアウォールを無効にすることです。アンチウィルスソフトを導入している人は無効にするだけで軽くなったりします。